交通事故こんなときどうすればいい?

  1. 交通事故のあとからずっと調子が悪い
  2. からだがだる重い、やる気がおこらない、もしかして鬱なの?
  3. 整形外科のレントゲンで検査してもらったが異常はなくシップと痛み止めを出してもらいました。
  4. 良かったと安心していたのに、何日たっても気分が晴れず、体がだるい
  5. それは交通事故のムチウチによる頚椎の歪みからくる症状かもしれません
  6. 交通事故による頚椎のゆがみは整骨院の矯正治療で改善できます

交通事故の後遺症 むちうちはレントゲンでは分からないことも・・・

病院に行ったけど湿布薬と痛み止めをもらって終わってしまったというのをよく患者様から聞きます。
病院での検査は画像診断をメインに行います。画像上に異常がなければ、問題がないとされ、痛みを和らげるための薬しか処方されない場合が多いようです。

しかし、頭部から肩にかけて、違和感を感じている方は多くいらっしゃいます。

例えば首を動かすと痛い、肩が張って辛いなど、動作についての違和感があったり、頭痛やめまいがしたり、吐き気がしたり、動悸がする方もいらっしゃいます。

交通事故に遭って、強い衝撃を受けた場合、レントゲンなどの画像上で何の問題がなくても、筋肉や靭帯などが損傷している場合があります。
むちうちは、いろいろな症状を伴います。

辛い症状をそのままにしておくと慢性化し、はじめは首だけだったのに、腰が痛くなってきたり、交通事故の症状とは関係のないような症状が出てくることもあります。

本多鍼灸整骨院・なみき鍼灸整骨院では、むちうちの症状を改善するため、首の骨の歪みや筋肉を柔らかくするための手技マッサージなど、その方の状態に合わせて適切な説明と処置を行います。

教えて!交通事故 後遺症のこと

「むち打ち」ってなんですか?
どんな症状が出るのですか?

むち打ちとは、正式には「むち打ち症」といい、
交通事故の衝突にあった場合やスポーツをしていて人とぶつかるなど強い衝撃を受けられた場合に、その衝撃で体(特に頭部)が鞭のように前後にしなり、首の神経や筋肉などを損傷したために起こる症状のことを指します。

むち打ち症の自覚症状としては、頭痛や肩の強いこり、手足のしびれ、吐き気、めまい、耳鳴り、脱力感、不眠など様々なものがあります。

痛みはないけれど、体がなんとなく重くてだるい感じがする・・・
これも鞭打ちの症状?

その可能性はあります。

念のため、一度専門機関に相談することをお勧めします。
そこで異常が認められましたら、その先生の指示にしたがって治療を受けましょう。

検査をして異常がなかったとしても、まだ気になる症状があるのでしたら本多鍼灸整骨院・なみき鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

誠心誠意をもって施術いたします。

交通事故症例

福岡市東区香椎在住 Oさん 追突事故で・・・

Oさんは車を停車中に後方から追突され、身体が前後に激しく揺れ、身体が歪み、腰、首、頭などが痛く、めまいなど、むちうちの症状が続く日々が続きました。
事故後すぐ病院へ行き、湿布と痛み止めの薬を処方されましたが、痛みが時折強く感じられ、痛みの度に湿布を貼っていましたが、ずきずきする痛みに夜も眠れず、仕事復帰のメドも経たずに困っていらっしゃいました。
レントゲンでの異常はないものの、痛みが良くなる兆しが感じられず、継続して病院で診察するも、通院の度に湿布と痛み止めを処方されるだけでした。
診察を受けるのに毎回、病院の受付で何時間も待っていたそうで、倍増する疲労や、こんなに待たされても湿布と痛み止めだけなのかという不安や不満に耐えきれず、友人の紹介で当院へ。
痛みが走るからマッサージされるのは怖いとのことで、電圧機器と超音波を使い、筋肉や神経の緊張を緩和しました。
Oさんと相談し、身体が触れても大丈夫になったと、Oさん自身がおっしゃってから頚椎の歪みをソフト矯正していきました。
可動域を増やす運動もして、身体を事故前の状態に戻しました。
来院する度に、身体の痛みが軽減されているという実感があり、3ヶ月半の施術で元気になられたご様子でした。

ページTOPへ